地域の風を感じる自転車の旅を

ウグイス、タケノコ、ツバメ、ヨモギ・・・この地域もめっきり春めいてきました。

自転車でくるっと走ってみませんか?




多気町自転車プロジェクトでは、

町内の飲食店や休憩処にお声かけしながらサイクリングステーションの設置を進めています。

ステーションとは、

スタンドの付いていない自転車が置ける、自転車専用スタンドが設置された場所のことです。

空気入れの貸し出しも対応してもらえたりと、自転車の旅をおもてなしします。


スタンドの特徴は3つ。

1.地元の製材所さんであかね材という間伐材で作っていること。
地球に優しい、田舎風景になじんだデザインになっています。

2.デザインだけではありません。大人が乗っても大丈夫なほど頑丈で、

且つ、鉄管パイプに比べて柔らかいので自転車にも優しいのです。

3.お店のトラブルを防ぎます。

スタンドがないと、お店の壁や駐車場が占拠されてしまったり

他のお客さまとのトラブルにもつながりかねません。そうしたトラブルを回避できます。


自転車愛好家の方には、もっと地域に立ち寄って楽しんでいただけるように。

また、自転車ビギナーの方でも安心して、徒歩と車の間の速度で、より地域を楽しんでいただけるように。


そんなプロジェクトの取り組みを中日新聞松阪版に掲載していただきました!


たくさん利用していただけると嬉しいです☆