NIUの事務所は、7年間空き家だったおうちをお借りしています。

歴史のある丹生の中でも、旧街道沿いで趣きのある集落にあります。

そしてここは、誰でも借りることができたわけではないおうちだったと

後から教えていただくことが多いです。

 

今日は、公民館から事務所へ歩いている途中で、乳母車を引いたおばあちゃんに

「あんたは長谷川さんとこの人かね」と、話しかけられました。

 

「ここのふきちゃんは、小学校の先生しはってた方でな、本当にあったかいお人やった」

そして、代々庄屋さんだったこと、地域の皆さんはよくこのおうちに集まっていたことなど、

歩きながら教えていただきました。

 

そして、別れ際に「これからは、あんたが守っていったってな」と。

ずっしりと重たい言葉でしたが、

道すがらにこんな風に、地域に暮らす人に話しかけていただいたのは初めてでした。

 

思い返せば、事務所のオープンイベントを開催した真冬の2010年12月6日。

道案内のスタッフにカイロまで用意して寒さ対策をしたのですが、

その日だけすかっと快晴でした。

オープンイベントでおうちを訪ねてくださった地域の方々が、「ふきちゃんが喜こんどる」と

空を眺めておっしゃった言葉が耳に残っています。

 

「この選択でいいのだろうか」と思う毎日。

ときどき、ふきちゃんさんの声が聞こえないかと空を仰いでみたりします。

「この道で良かったのですね」と報告できることをたくさん、重ねていきたいと思います。

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
GREE にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]