ローカルワークスタイルセミナー「3年後のきみの物語」開催しました!

新年あけましての初仕事…

【地域を試食!地域を試着!ローカルワークスタイルセミナー「3年後のきみの物語」】を開催しました!

2017年1月7日はリーグ有楽町に、多気町を舞台にきらり働くローカルワーカーが登場。

大自然の恵みをほうばりながら、トマト農家の北川さん、にこぱん店主のみきちゃんの仕事哲学を聞くという、なんともお腹いっぱいの時間となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、2月4日(土)5日(日)は多気を試着!

全国各地から(遠くは鹿児島から)、熱い想いをもった6名が合宿プログラムに参加しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑今回の名脇役。ブック片手に、自分が大切にしたいことに気づいていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ローカルワーカーの現場を訪問したり、町歩きをしたり、地域を鏡として、自分の暮らしや働きかたのイメージを膨らませます。

 

 

起業専門家のロングインタビューや、大会イベントの発想ワークショップを経て、少しずつ自分の中にあるものをほぐしていったら、いよいよメインプログラム、「3年後の物語」を自分で書いていきます。

 

事業企画書ではなく、物語。

キーワードとキーワードをつなげていくと、その人にしか出せない色や温度感、エネルギーが生まれてきます。それぞれの参加者から紡ぎ出された物語は多種多様!

「こんなにいろんな価値観や働きかたの世界があるんだな」「若いみなさんは、こんなに自分の人生一生懸命考えているんだな」と、多気町の皆さんもとても驚いていらっしゃいました。

 

そして後日、めまぐるしい訪問者を迎えてくださった勢和図書館さんから、ふりかえりの言葉をいただきました。

移住を希望する人に対して、どう思いますか?というこちらの質問に

「大きな器で寄り添うことが大事なのでは?

地域が違えばもっている文化も違うし、気持ちがあっても不器用な人もいると思う。それを見守れることが必要かな」と。

多気町の奥行き、だからNIUもここに漂着させてもらったのだという気持ちになります。

 

「多気町、いいところですね!また帰ってきたいです!」

この挑戦は、小さな町の大きな挑戦。

町のPRではなく、ひとりひとりの人生に寄り添うのだと決めたことで、単なる移住ツアーとは違う愛着づくりができました。