勢和中学校へ一日先生として

自らの意思で学んだことが、一番身につく

ということは、誰もが異論のないところではないでしょうか。

 

2018年12月4日

勢和中学校コミュニティスクールの一環で

「自転車の先生」として授業におじゃましました。

この日のために、廃棄自転車を分解

 

この一日の授業だけではなく、NIUと勢和中学校は

少し長い、お付き合いが背景にあります。

 

詳しくは→ 自転車ではぐくむ地元への想い、まちの力

 

小学生のときに、地域の課題を勉強してきた中学生の皆さん。

中学1年生になったときには、地域の良いところをもっと発信しようと

動画を撮ったり、ゆるキャラを考えたり、取り組んできました。

それを自転車を切り口に応援してきた私たちですが

今、皆さんのテーマは

自分たちが通う自転車通学の道は「暗くて怖い」という課題で

どうしたら解決できるのだろうかと考えているところだそうです。

 

そこで、自転車の先生が登場です。

 

自転車のことなら、何時間でもしゃべり続けることができる先生

自転車のライトの発電のしくみをお伝えしました。

 

身近な課題があるから、知りたいと思う。

始まりがそこにあれば、もう授業は成功したようなものです。

皆さんの前のめりの姿勢に先生も熱が入りました。

知りたいと思う気持ちのスイッチを押す、勢和中学校の一連の授業は

本当に素晴らしいと思います。

子どもたちの解題「夜の通学路が暗い」は、解決するのでしょうか。

まだまだ取り組みは続きます。

 

※先生の許可をいただき、写真を使わせていただきました。

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
GREE にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]