国産材室内バイクラック、クラウドファンディングのお知らせ

インテリアに調和する国産材バイクラック・クラウドファンディング開始のお知らせ

このたび、サイクリストの秘密基地・flascoは、地域産業の担い手である製材所ならびに大工とともに、

木製の室内バイクラックを開発し、クラウドファンディングに挑戦いたします。

古くから林業が盛んで製材所の数は全国2位の三重県。

それでも製材所を含む木材産業は衰退の一途をだどっています。

そんななかでも我々は、自転車ユーザーの嗜好に合わた木製品の開発に意欲を持ち、

7年前に桧の屋外バイクラック「宿輪木(やどりんぎ)」を開発しました。

これまでにすでに全国に800台近くを出荷するほど人気商品になりました。

本プロジェクトは、そのメンバーで数年かけて開発した室内バイクラックです。

コンセプトは、“愛車を片づけるのではなく、飾る”。

これまでにない、インテリアに調和するバイクスタンドに愛車を飾り、

その前でお酒でも飲んでいただきたいという発案者の想いがあります。

 

発案者・西井匠の想い

2011年、多気町自転車のまちづくりプロジェクトをきっかけに、3人の男は出会いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車を楽しむ地域にするためには、自転車のユーザーだけではなく、それまで自転車に接点のなかった人々を巻き込みたかったのです。

製材所のおやじさんの「おもしろそうやな、やったろ!」という心意気、

職人大工の「よし、つくったろ」という意気込みで、宿輪木というバイクラックを世に送り出すことができました。

おかげさまで、宿輪木は全国に累計800台を出荷するバイクラックになりました。

 そして、構想から足かけ2年、3人の新しい挑戦は、室内用バイクラックでした。

ユーザーの皆さんが愛車を眺めて酒を飲む姿を妄想しながら、インテリアという価値を追求しました。

そのため、宿輪木に求められるものとは違うこともたくさんありました。

でもおかげさまで、顔の見える範囲でモニターを募集したら、あっという間に10名の仲間から手が挙がり、

熱心なフィードバックをいただくことで、会議と改良を重ねてきました。

 そして今、初代「インテリアも兼ねる室内用バイクラック」が完成。

クラウドファンディングにこぎつけました。

ここまでの過程にも、たくさんの方のエールやご協力をいただきましたこと、まずは男3人、感謝いたします。

 愛車にふさわしいバイクラックで、愛車を眺めて、お酒でも飲んでいただきたい。

いつでも、いくつになっても自転車を楽しむ時間はできると信じています。

あなたの「豊かな時間」のお手伝いになれば、望外の幸せです。

 構想から足かけ2年、「自転車と木のある暮らし」の提案で、地域の産業を守りたい、この3人の男のプロジェクト。

どうぞ貴媒体で取り上げていただき、ご支援いただけますと幸いです。


運営サイト:クラウドファンディングmakuake(マクアケ)

開始:2018年9月6日 10:00

目標金額:100万円

ページ:https://www.makuake.com/project/biciflasco/

内容:国産材室内用バイクラック 

運営者/お問合せ:西井匠(サイクリストの秘密ラボ・flasco)

     〒519-2211 三重県多気郡多気町丹生1718-1 

tel&fax0598-49-4800   flasco@niu-mon.co

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
GREE にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]