三重県農山漁村起業者養成講座のひとコマを開催しました

2018年11月6日

地域資源を活用し都市のニーズにマッチしたビジネスモデルを組み立てる

起業支援プログラム「農山漁村起業者養成講座」。

三重県が主催し、これで7回ほど開催されているプログラムですが

今年も受講生の皆さんとひとコマをご一緒させていただきました。

 

この養成講座では、講師曽根原先生のご指導のもと

講義+ワークのスタイルでビジネスモデルを作っていくのですが

その中休止というコマ。

このコマでは、自分のビジネスプランを人に聞いてもらったり

逆に仲間のプランに対し客観的な意見をもらう

というワークショップを毎回やらせていただきます。

プランが完成するまで誰にも言わず自分の頭の中で揉むだけでは

良いビジネスプランどころか、巻き込む力もできません。

 

そして、もうひとつは「生々しいニーズとは何か」について

毎年悩みごとが共通するテーマにも、ワークショップを入れました。

この人は何を欲しがっているのか、を

ご自分が何を提供したいと考えているのか、というところから

うんと頭を話して考えてもらう時間でした。

 

こうした講座でビジネスモデルが手に入るというよりは

頭を和らげることや、ターゲットの抽出をチェックする方法など

丁寧に学んでおく時間。

今年も、皆さんの「なんとかしたい」という想いに触れ

エネルギーをいただきました。

 

最後は皆さん、笑顔になっていただき、良かった良かった。。。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
GREE にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]