11期を迎えて

今日は、会社の創立記念日でした。

だからというわけではありませんが、事務所を留守にして

田んぼの代掻きと畔ぬりへ出かけました。

 

1年で自分たちが食べる分だけの米を自給する。

「食べる分だけ」という必要上限があるので、生産性という基準はなく

「食べるからこそ」という必然性と優先順位がついて

「せっかく食べるんだから」と、農薬も化学肥料も使わないやりかたで、

かれこれ8年。

 

少し作業面積を減らしてもお米は足りそうなので、

今年は思い切って面積を減らして畔を作り、初めて畔ぬりをしました。

今どき、クワで、手作業でした(汗)。

田んぼの泥に含んだ水の量、土の量、高さ、直線、考えることがいっぱいで

どこでも同じということはなくて「加減」が難しい。

 

会社の経営と農村ライフの営みは、重なるところが多いものです。

四隅がやっぱり大事。

 

道は、歩いてきた後ろにできると思っていましたが、そのためにも

四隅を固め、面と直近を見て、そして、向かう先と広がる空を仰ぐことを

恐れずにもっと言語化する必要があると思っています。

 

おかげさまで、設立して10年を超え、11期目が始まりました。

11期目の方針は「四隅を固める」(笑)

 

 

コロナ禍のなかですが、今後も実直に、分相応に、

都市と農村をつなぎ地域資源を活用することで

持続可能な農村づくりに寄与する所存です。

 

感謝の気持ちを込めて

2020.6.1.代表取締役 西井勢津子