【FFA便りvol.1】お田植え研修と翌日の田んぼ

モリモリ!!

2019年5月10日、恒例のモリモリポーズで「お田植え研修」がスタートしました。

 

多気町勢和地域で、昨年から始まった味の素冷凍食品さんの研修事業。

「食の源」を学び企業価値につなげていくための研修です。

 

お天気は快晴のなか、まずは看板の前で写真撮影。

高台にある圃場は、美しい空を抱いています。皆さんのやる気がこぶしにみなぎります。

 

スタートに当たり、地元のベテラン農家さんからレクチャー。

苗はどのように持ってどのくらい埋めるのか、それはなぜなのか。

現地でやってみないとわからないことがたくさんあります。

圃場に書かれた縦と横のラインが交差するポイントに植えていきます。

中に、地域から「指導員」さんが入って、お手本を示していただいています。

中央青い帽子の指導員さん、早いです!やはり腰の沈み方が違う…?!

 

作業は思ったより早く進み順調!!

完成!

モリモリ!

 

お昼休憩はゆっくりと。

「外で食べるって、本当においしいね」

新緑を深呼吸するかのように、感想がこぼれていました。

お昼休憩の後は、もう1枚の田んぼへ。

 

そう、今年は2枚の田んぼを1日で植えなければいけない、

そんな大きなミッションが課せられていました。

こちらの田んぼは、田引き紐による一斉前進。

ペースが揃うかどうかが、作業の進み具合を決めます。

2枚目ともなると、皆さんのペースもそろってきました!

 

「苗ください!」「投げますよ~」

投げる!受け取る!そのプレーもチームプレーができてきます。

 

すべて順調に終了!!

と、そのとき・・・!

あ、ですよね。

やっぱり、泥んこになってこそ、土の香りが体にしみこむというものです。苦笑

 

最後はほっこりと、農家さんお手製のスイーツでシメ。

小麦もあんこの小豆も、自家製のスイーツ。

口に運ばれるまでの遠くなるような時間に思いがよぎります。

「自分たちのやったことは、ほんの一部。」

そんな言葉が聞かれました。

 

翌日には、それぞれの職場に戻られた皆さん。

 

皆さんが去ったあとの、田んぼの風景です。

どちらの田んぼも、無事、苗が植わっています。

夕方は、どこからかカエルの合唱が聞こえてきます。

立梅用水を流れる水のさわやかな音も、新緑の中を吹き抜ける風も。

できれば写真につけて送りたいくらいです。

 

さて、来週は、草取り作業があります。

今度はご家族で草取り作業にお越しいただけたらと、お待ちしております。

↓募集案内PDFです。

FFAファームみえ_草取り募集

 

お待ちしております。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
GREE にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]